カードローン 借り入れ診断

借り入れ診断

借り入れ診断

カードローンの申し込みをしたいけど、審査が心配…。落ちてしまったらどうしよう。と不安な方。借り入れ診断をしてみてはいかがでしょうか?

 

カードローンの会社の会社によっては、公式サイトで借り入れ診断を行っている場合があります。

 

借り入れ診断というのは、今の自分の情報を記入して、借り入れは可能か、いくら借り入れができるかという事を簡単に診断できるというものです。審査じゃないの?信用情報に傷がつくんじゃ?と不安に思うかもしれませんが、診断の際名前は匿名になりますし、お試しの診断になので個人信用情報に関わることはありません。そしてこの結果が実際の審査結果に響いてくるようなこともありません。

 

公式のサイトに行って借り入れ診断のページに飛び、平均年収や借りたい金額といった自分の情報を簡単に入力するだけで診断することが出来ます。何回でも行うことが出来るので、借りたい金額等を変更して調べることもできますし、診断結果が駄目だった場合どこが駄目だったのか確認をすることもできます。

 

この診断結果が駄目だったからといって審査に落ちてしまうということでもないですし、受かったからといって絶対に審査に落ちないというわけではありません。これは、今の自分はどうなんだろう?という目安になるものですので、そのつもりで診断を行ってくださいね。

 

審査を受けたいけど怖い…という人にはとても良い目安になると思いますので、ぜひ有効活用してください。

借り入れ診断を行うメリット

借り入れ診断をするとどんなメリットがあるでしょうか?

 

むやみにカードローンに申し込むことを避けられる

カードローンに短時間に複数申し込むと、一時的に信用情報に傷がつくことになります。傷がつく、というのは申し込みをした履歴が残るという意味です。一般的に1か月に3社を超える申し込みをすると申し込みブラックと言う状態になり、審査に通りにくくなると言われています。なので、無駄な申し込みは避けた方が良いのです。

 

そのため事前に借りられるかどうか判断する目安を知るために、借り入れ診断を利用すると良いのです。借り入れ診断は本審査とは違うため、実際の申し込み後の審査結果と異なる場合もありますが、審査のように待たされることもありませんし、信用情報にも傷がつきません。

 

融資額の見当がつく

借り入れ診断をすると、どれくらいの希望額が借入可能なのか検討をつけることができます。

 

さまざまなシミュレーションができる

裏ワザ的な使い方として、色々な条件で診断をしてみると、どんな仕事をしているか、年収はいくらか、何社から借り入れをしているかなど、どんな条件なら借り入れに有利かということを知ることができます。

 

こうしたメリットがあることから、「借り入れ診断をした方が借り入れがしやすい」と言われることがあります。別に借り入れ診断を行ったことが本審査に影響しているわけではありませんので、その辺りは理解しておきましょう。

三井住友フィナンシャルグループのグループ会社


プロミスの公式サイトはこちら



三井住友銀行グループ


モビットの公式サイトはこちら